心こめたワークショップ!

たまっているブログを更新!ごめんなさい!

 

投稿をとある理由で控えていましたが、

ワークショップで、【stationary station】を作って頂いた方の作品。

 

顔出しはNGなので、できた完成物だけ…。

_DSC2661

これ、いつものワークショップで作っているものより、装飾が多いのおわかりでしょうか?

 

プレーンVer.

DSC00057-900x600_01

 

それもそのはず、こちらの完成品は「電車好き」なお友達へのプレゼント。

 

初めの打ち合わせで、「電車みたいにできませんか?」

「stationary」(文具たちの)「station」(駅)って名前に惹かれて。って、

考案者の辻はにんまり。

 

窓つけましょう!え、ドアですか?それは面倒だけど…、やりましょう!

運転席の窓ですか?じゃあ違う木を使いましょう!と、

教室はいつもLIVEです。

 

作業もとても早い方で、他の方の作業をみたり、質問したり、
そんな余裕まで。笑

_DSC2665

ここをこうしたい、ああしたいっていうご要望には、
できる限り応えるようにしてますので、言ってください!

 

それはこの時間では無理!やりましょう!こうしませんか?
それができるのがうちの強みです。

 

アルブルのワークショップにご興味有る方はぜひ!

 

ワークショップはこちらから〜
これからもっと充実させます!

ワークショップ

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP