出張木工教室

こんにちは。
アルブル木工教室の米地です。
昨日は保育所へ出張木工教室へ行ってきました!

こちらのR保育所さんとは今年で3回目。
3年前園庭で使うテーブルとベンチの作成依頼を受けたのがきっかけでした。

うちで作ってしまうより、どうせなら子どもたち、保護者のみなさん、先生方と一緒に作るのはどうですか?と提案させてもらいました。

3回連続のワークショップ形式作ったのですが、子どもたちにはとてもよい思い出になったようでした。

2年目はみんなでままごとキッチンをつくって、今年で3年目。コロナ禍の中、保護者のみなさんに参加してもらうことはできませんが、決行することになりました。

今回もまず最初は木のお話から。

丸太を切ったのを見せて、立っている樹からどうやって今回使うような板になったかをお話したり、木とプラスチックと鉄でできた3種類のスプーンを目隠しして触ってもらって木の温かみを感じてもらったり、まずはゲームやクイズで木のことを知ってもらいます。

みんなとても積極的で、質問すると「ハイ!ハイ!」と全員が手を挙げるいきおいでした。
やっぱり小さい子どもたちはかわいいですね(^^;;

木の話を聞いてもらったら、いよいよ木工の時間です。

ここからは講師を辻先生とバトンタッチ。

ごらんのように今年のテーマは電子レンジの木のおもちゃ。
デザインバイ辻先生。
どうです?なかなかかわいい電子レンジですよね?

一人ひとりみんなに作業してもらいました。
みんな思ったよりコツを掴むのが早く、上手にトントンやってくれました。

女の子も力強かったですよ~!

完成に近づきましたら、またご報告しますね!

 

ABOUTこの記事をかいた人

アルブル代表。「木育」の普及に精力的に活動中。
主に団体様に向けて、現在の環境状況や、木を使うことによる循環型社会のセミナー講師としても全国各地飛び回っている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP