きとひろば二日目

おはようございます。
アルブル木工教室の米地です。

先日のお休みは近鉄ハルカスで木育フォーラムの定例イベント”きとひろば”を開催していましたが、日曜日はその二日目でした。

いつもは木の玉プールやかくれんぼ滑り台、ジャンボクーゲルバーンなど、木と触れ合う遊具で遊んでもらうコーナーをやっているのですが、子どもたちが密集するのを避けるために自粛し、木工ワーショップのみの開催でした。

ワーショップはカスタネット作り、木のおもちゃ作り、ビー玉迷路作り、デコストラップ作り、そして桜の木でつくるお箸作り。

初日の土曜日はハルカス自体にお客さんが少なく、午後からは暇な感じだったのですが、二日目の日曜日は継続して来客がありました。

写真にもちょっと写っていますが、”きとひろば”は子どもゆめ基金の助成を受けて開催しています。

指導させていただいてるのは木育インストラクター養成講座を受講していただいた木育フォーラム認定の木育インストラクターのみなさん。

二日目は途中でカスタネットとビー玉迷路が売り切れてしまいました(^^;;
楽しみにしたいたお子さんたち、すみませんでした。

写真の奥の方で人が集まっているのがヒノキの間伐座で作るデコストラップ作りワークショップです。こちらのワークショップは安定して人気があります。

今年度の”きとひろば”はあと5回開催する予定です。
今後ワークショップも新しいものなどを考えて、木のぬくもりに触れる機会を作っていこうと思っていますので、ご都合よろしければぜひご参加ください!

きとひろば開催予定
10/17(土)18(日)
11/21(土)22(日)
12/19(土)20(日)
2/20(土)21(日)
3/13(土)14(日)
※いずれも11:00~17:00

ABOUTこの記事をかいた人

アルブル代表。「木育」の普及に精力的に活動中。
主に団体様に向けて、現在の環境状況や、木を使うことによる循環型社会のセミナー講師としても全国各地飛び回っている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP