【シェルフリメイクプロジェクトpart2】ガールスカウト大阪府連盟

机のリメイクをガールスカウト大阪府連盟団員と行うという企画。テーブルが完成してから半年後、机で使わない引き出しで、キャビネットを作る第二弾を今年の秋に行いました。場所は大阪なんばのど真ん中、OCATです。

 

テーブルで使わなくなった引き出しを、そのままシェルフに!

テーブルをリメイクした前回のプロジェクトはこちら。

【銀行の机が大変身!リメイクプロジェクトpart1】ガールスカウト大阪府連盟

旧銀行から譲り受けたテーブルが立派にリメイクされました。
そこで使わなくなった引き出しをどうしよう?ということで、団員の意見一致でシェルフを作ることに!

この引き出しがどう生まれ変わるんでしょう?もちろんアルブルでは一部のお手伝いだけで、団員のみなさんに作っていただきます。

材料は格安!本体は杉の集成材

コストを抑えるために本体の材料は杉の集成材に。ホームセンターでも手に入る材料です。


▲板を剥ぎわせたりしながら材料を作っていきます。

▲ビスケットジョインターという道具を使って、丈夫に、ズレのないように作っていきます。


▲仮組みの様子。うまく組み立てられそうです。本組みは団員におまかせ。

脚は西洋アンティーク風に


脚の材料はチーク材です。本体を全てチーク材でつくると、とんでもない金額になってしうため、脚のみ、元のテーブルと合わせてチークにしました。

この角材を木工旋盤にセットして、

回転する材料に刃物を当て削っていきます。


このような形に!さて、あとは団員にパス!当日のイベントで組み立てていきます。

イベント当日!一致団結で完成!

さて、イベントの当日、みんなでちからを合わせて作業します。

4時間という限られた時間の中で、力を合わせ形になりました!


捨てられるはずだった引き出しも、活かせばこのように立派なシェルフになるんです!

廃棄される予定のものが、時を経てまた使えるように生まれ変わりました!
作れるということは治せるということ。このさきもずっと長く使って欲しいです♪

ABOUTこの記事をかいた人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP