耳付きトチのフレーム(此花区在住Oさん夫婦)

ご夫婦で週末通っていただいているOさんのフォトフレームが完成です。

木のままを使うのが上手なOさん。

自然のままを生かして、人の手を加える。

 

耳の部分を通常は外側に持って来る方が楽ですが、
フレーム内側に耳(木の皮の部分)をもってきました。

札幌に行った時の写真だそうですが、奥様謂く、

「北海道の感じを出すためにペンギンとシロクマを貼ってるんです。
でも、北海道にシロクマもペンギンもいないのよね。」と。

でも、この耳がいい雰囲気で、流氷のように見えますよね。
とても面白い。

耳を内側に持って来ると、どうしても継手の加工が難しいのですが、

そこはさすがのOさん。て加工でうまく接合されています。

リビングに飾っているそうで、ご夫婦の仲の良さが伝わります。

大事になさってください!

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP