【譜面台】(尼崎市在住 Aさん)

Aさんの譜面台がついに完成〜!
使い勝手を考えずっと試作されていたものなので、みんな大喜び&驚き!
お姉さんの為につくられたものだとか。

Aさん、人生も木工も大先輩。これに関してはまったく私、アドバイス他、お手伝い等できませんでした。お一人で考え、他の生徒様と話しながら、ゆっくり完成。

_dsc4071

ヒノキでつくっているのでとても軽い。そして、木の目や強度を考えて作られているので丈夫。

_dsc4069

折り畳むとこんなにコンパクトに。

 

_dsc4072

角度の調整までできます。こちらいちばん開いた角度。

 

_dsc4074

こちらはいちばん閉じた角度。

_dsc4076

下部の譜面を受ける台。

_dsc4077

蝶番になっており、開いて…

_dsc4079

_dsc4078

さらに譜面のページ抑えが開きます。

 

なんと高さの調節機能がついています。この複雑な形のつまみを押して解除します。

_dsc4080

 

あそびごころも忘れないAさん。てっぺんには帽子と蝶々があしらわれてます。 _dsc4084

かわいい。Aさんに似合いそう…_dsc4085

 

ディティール。本が開いたような形。_dsc4086

 

溝の細工も。_dsc4091

 

中央のバーは上下のため、反ってはいけない肝。

ご自身で木目を交互に張り合わせ、反りに対応しています。_dsc4092

パタン。

_dsc4093

 

_dsc4096

ちょっとウクレレでもひこうかしら。

 

_dsc4099

私も欲しい逸品。愛情に溢れた譜面台。

Aさんのつくるものは、優しさと愛の交響曲。

個人的にはAさんの作業しながらの鼻歌が大好きです。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP