【アクセサリケース】(尼崎市在住 Iさん)女性

Iさんのアクセサリケースが完成!

素材はタモ、OSMOのウォルナット仕上げ。

002

透明部分はガラスでなくアクリル。

にもかかわらず、気品を漂わせてます。

面(角の仕上げ)にこだわったケース。

001

セレクトショップのよう。

003

全体像

004

土台の部分は厚みを持たせて、重厚感。

猫脚をつけようか、最後まで悩んでました。

005

取手は既存ですが、センスのある組み合わせ。

006

天板部分は光が差し込むよう、アクリルで透過させてます。

スポットライトを当てたらきっと、なかのアイテムもより輝くことでしょう。

007

扉を開くと可動式のアクリル棚だとわかります。

入れるものによって調節できます。

008

美しい面の仕上げ。

Iさんはとっても几帳面で、こだわるところはこだわる一方、そうでないところはさばさばっと。

いまだに辻もどこがそのポイントなのか掴めません笑。

が、できあがってみたら、ビュリフォー。さすがです!

「辻さんの写真、上手にとってくれるからな〜」とプレッシャー。

ガラス、アクリルは光の加減でめっちゃ難しいです。

巧くとれませんでした!が、お心遣い。

しばらく教室においておきますとのことで、嬉しい!

実物はもっと素敵です!

早速今日もいろんな人がまじまじ見てました!

Iさんありがとうございます!

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP