アリ?ハトのしっぽ?

たまってたブログをまとめて更新!教室はいつでも全開!

ドラマの無い日なんてない!

 

こちらはIさんの道具箱。
技術的に難しい「アリ組み」に挑戦。

写真、ピンぼけすみません。

_DSC2673

 

アリ組みをあわせてます。

 

教室の躍動感がつたわるでしょう。

 

ピッタリ。初めてでこの精度!

 

_DSC2676

アリ組ってなんぞや。
写真を見てもらえればわかるんですが、

 

接合部が、まっすぐな凸凹でなく、斜めになってますよね?
これがアリです。

日本では蟻の頭に似てるからアリ組みっていいます。
外国ではDOVE TAIL っていいます。TAILのLは舌を軽く前歯の裏につけて発音します。
「ハト」のしっぽ。です。

外国の方がセンスいいですよね。笑

 

蛇足ですが、みなさんのしっている直角定規は、
日本では「スコヤ」

https://ja.wikipedia.org/wiki/スコヤ

 

海外ではSQUARE

 

諸説ありますが、スクエアを聞きまちがえてそうなったという説も。

 

ちなみに、「納豆」と「豆腐」も大陸から伝来したときに、
日本人が間違えて名前つけたんだ。と、むかし、国語の先生が言ってました。

豆腐は箱に豆を納めてつくるし、
納豆は、豆を腐らせてつくる。

 

日本って、チャーミング。

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP