【ひのきの3段MD BOX】奈良在住Aさん

MDをいれる引出し、完成!

_DSC1543

いつもにこにこされ、大変腰の低いAさんですが、

教室のムードメーカーでもあります。

そんなAさん、つくるものにはかなりの情熱が。

 

ここはかんなで仕上げたい。

ここはきちんとした仕口(接合の方法)でいきたい。

 

むずかしいですよ。との言葉にも「やってみたいんです。」と

 

_DSC1549

これが難しいアリ加工。ひのきはやわらかいのですが、加工が難しく

すぐ割れたり、毛羽立ちが出たりします。

 

いちばんかんたんな引出しの作り方は箱をつくって、前板を引出し内側からビス止め。

この加工は引出しの作り方のなかでも最たる難しい加工で、丈夫なものなんです。

あり加工をすることによりビスを使わず引き抜けづらくするんですね。

 

それでもきっちり。できてます。

わたしも手加工でここまで上手に…。と驚きました。

正直、はじめてやってここまでとは、私より上手で筋がいいかもしれません。

 

_DSC1550

サイズまで綿密に割り出した図面をご自宅で書いてきているので、

作業が速い。そして、そんなやる気がとても嬉しくおもいます。

 

_DSC1552

 

Aさんらしいかわいらしい引手。

Aさんらしいやさしいひのき。

AさんのMDにどんな曲が入っているのか、いまだに不明。

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP