【キッチンキャビネット】東住吉区在住 Kさん 女性

続いてもKさんのキャビネットです。洗練されたお部屋にピッタリ。

過去の記事はこちら

ナラの気をふんだんに使い、でも塗装はアンティーク調にペンキで。
フランスやイギリスの家具はもともとそうですよね。ペイントするから安い木で良い、ではなく、いいもの、いい材料を自分好みにアレンジする。そんな本物思考の逸品です。

 

  • 仕様
  • コメント

SIZE:
材料:ナラ(OAK)
塗料:水性ペイント BLACK
材料費:
制作期間:フリーコースにて約1ヶ月

重厚感あるキャビネットの完成です。ペンキで塗りつぶされていて分かりませんが中は高級罪のナラ。 自分で作れるメリットは部屋のトーンに合わせて装飾や色を選べるところ。 今回もお部屋とKさんのセンスにぴったりなキャビネットが完成しました。(スタッフ辻)

重厚感あふれる本物志向のキャビネット

お部屋の空きスペースにキャビネットを置くことを検討されていたKさん。 ご自身でそのスペースを採寸しキャビネットを制作しました。
上部は引き戸になっていて下は引き出し収納が3列。


引き戸の取っ手部分はご自身で彫刻。ての温かみのある優しい取っ手になりました。


引き出しの取っ手もご自身で選んで同じ色にペイント。

アンティークらしさを出すために引き出しには モールディングの装飾。
トリマーさえあれば誰でも比較的簡単にこんな装飾もできちゃいます。

洗練された空間に、アンティークの優しさ。民藝の家具に囲まれても負けない素敵なキャビネットの完成です。

ABOUTこの記事をかいた人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP