おはようございます

アルブル木工教室の米地です。

なにか楽しいことないかなぁ…、と思っていてはダメ。
楽しくしよう!と、自ら動かないといけない、と昔なにかの本で読みました。

なんの本だったのか忘れてしまいましたが、このことは心にひっかかっていて、なんか面白いことないかなぁ…と思ったときに、いやいや面白くしていかなければ!と思うようにしています。

昨年はコロナで大変な年でした。

これも、大変だったなぁ、これからも大変だ、と後ろ向きに考えないほうがいいと聞きました。

「大変」というのは大きく変わると書きます。コロナのせいで「大変大変」と嘆いても現実は何もかわりません。それなら、コロナのおかげで、大きく変わることができた、と、できることを一つひとつ増やしていったほうがいい!とのこと。

出来事自体に意味はないんですよね。その出来事をどのようにとらえるかはその人次第。そしてどのように行動するかでその人の未来は変わっていきます。

今年はきっといい年になります!…と思っていきましょう!
あ、いや、ちがった、今年はいい年にしましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

アルブル代表。「木育」の普及に精力的に活動中。
主に団体様に向けて、現在の環境状況や、木を使うことによる循環型社会のセミナー講師としても全国各地飛び回っている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP