【おじいちゃんでも勉強できるんだよ〜】

夏にたまたま散歩した公園で、フラメンコを弾いている80歳の方が居て

ぼくは民族音楽大好きなので、休みのたまの時にたまに教わることになって。

面長な江戸顔だけど根っからの関西の方。昔はフラメンコなんてマイナーで、踊り手にさんと一緒にギター片手に飛び回ってたらしい方です。


それで、ぼくは音楽は通知表ずっと2だったけど、音楽は好きで、
元々耳が良く器用なので、
習うにつれ耳コピでSevillanas(セビジャーナス )っていう入門みたいなお祭りの曲は弾けるようになった。

 

それで、最近、注意してフラメンコ 一回聞いて痺れた曲が、soleares(ソレア)って言うんです。

と言ったらにっこりギターケースから楽譜をくれた。

全部おたまじゃくし。

五線譜とか読めないです……って言ったら、

こないだまさかのTAB譜(後述)にして描いてきてくれた!✨

 

「TAB譜ってよく聞くけど、見真似で描いてみたよー。あってるかわからないけど。間違ってたらごめんな。線が五線譜をギターの六線にして、抑えるとこの数字書く。で合ってる?」って

これが全部手描きの楽譜5枚

 

「すげー!嬉しい!」って言ったら、


「若くはないけど、いくつでも新しいこと勉強できるのが嬉しい^^」
って。

「soleares(ソレア)はフラメンコ の母
って言われてて、そこからいろんなジプシーの曲ができたり、源流なんだよー。
君がそれを好きで嬉しい」。

とのこと。多分僕のこと好きな珍しい人。笑

solearesはこれ

生えてたようなそこにある歌に乗せて思うように歌うのが民謡。soleaは、労働、叶わぬ恋、身分の違い、(言葉にするのがおかしい)心からの悲しい歌を乗せます。

ぜひご拝聴のほど。日本にも世界にもまだまだ素敵な心震わせる曲がたくさんある!それが嬉しく楽しい!

 

ABOUTこの記事をかいた人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP