ナラとウォルナットの可動式デスク(尼崎市 Fさん)

4月くらいから通い始めたFさんのウォルナットのデスクがついに完成しました。

3ヶ月くらいで、こんなすてきなものが、家具が、作れるようになるって、すごくないですか?もちろんですが、講師はお手伝いはしますが、手出しはしません。

 

随所に使い勝手を考えられたデスク。

何度も悩み、考え直した、ナラとウォルナットの組み合わせ。

ほぼ初めてに近い加工も、慎重に、傷をつけないように、

丁寧につくられていました。

Fさんおつかれさまでした!引き続き2台目がんばりましょう!

DSC00291

うつくしいナラの木目。

DSC00287

面の幅まできちんとそろえた、凛としたシャープさ。

DSC00292

木目のつながった抽斗(ひきだし)、クリアランスは最小限にきちっと

DSC00293

 

桟にも妥協なし。この隙間に天板を差し込み、成長に合わせて使えるように。

DSC00296

 

圧倒的直線美。シンプルだからこそ、ずっと使える。

ずっと使うからこそ、シンプルに。

DSC00297

 

 

木目にもこだわって、あえて、背中の桟の一番目立つところに、

節ありの材をもってきたとのこと。無垢の木のウォルナットらしさが出ています。

 

DSC00299

 

可動時手を入れやすいように手掛けをつけました。大人になってからは、

PCコードなどの整理に使えます。

 

お孫さんが大人になるころには、コードの無い家電製品ばかりかもしれません。

でも、作った時のこの優しさが、理由とともにずっと残るんですね。

 

 

DSC00321

 

はやくも2作目(ブラックチェリーという材で同じデスクをつくります。)に

とりかかるFさん。図面を再度確認中。この写真もお孫さんにいつかお伝えしたいです。

 

IMG_1287

 

IMG_1284

 

さっそくつかっているお孫さん。読んでいる本もFさんがプレゼントしたものらしく、

なんとも気遣いができるお孫さん!(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP