桜の樹

こんばんは。
アルブル木工教室の米地です。

アルブル木工教室のスタッフの一人でには違いないんですが、
今まで2階の事務所で事務仕事をすることが多く、あまり
受講生のみなさんとお会いすることがありませんでした。

それが最近教室の一角にデスクを置くコーナーを小川くんに
作ってもらいまして、工房にいることが多くなってきました。

基本的に私は辻指導員や小川指導員のような木工の技術は
全然ありません。木育で出前授業でお箸づくりをする
ぐらいなもんです。

でも、長いこと材木屋をやっていますので、木のことについては
多少知識がありますので、遠慮なくお尋ねくださいね。
ちなみに専門は広葉樹ですので、針葉樹はちょっと苦手ですが…(^^;;

写真は受講生のYさんが作業されている作業台。
枝が写っているのがわかりますか?

この枝は昨年の大きな台風が来たときに折れた庭の桜だそうです。

捨ててしまうとゴミになってしまいます。
せっかく育った桜の木がゴミになるのは忍びない。
なんとか有効利用できないか?…と思案されている真っ最中。

ローテーブルになるのか、はたまた輪切りにして桜のコースターに
なるのか、うまく有効利用できたらいいですね。
(そういう木を活かす話は大好きなので、つい写真を撮らせて
もらいました(^^;; )

それでは、また。

ABOUTこの記事をかいた人

アルブル代表。「木育」の普及に精力的に活動中。
主に団体様に向けて、現在の環境状況や、木を使うことによる循環型社会のセミナー講師としても全国各地飛び回っている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP