【チェリーのオーディオラック】(京都市在住 Iさんご夫妻)

  • 仕様
  • コメント

サイズ)w1600×h720×d400
材種)アメリカンチェリー
材料費)オーディオラック×1 スピーカーボックス×2 サイドテーブル×2
TOTAL 120,000円程度
製作期間)フリーコースで1ヶ月

このオーディオラックを作るためだけにご入会。フリーコースで1ヶ月で全て完成させました!
お二人での息のあった作業でしたので、1ヶ月でお得に、素敵な作品が完成。
オーダーよりも全然安い!と感激されていました!
完成時はスタッフもうれしく大盛り上がりしたなぁ。

二人三脚、でつくる、こだわりのオーディオラック♪

6月1ヶ月間のみ通い、オーディオラックをつくりたい!というご夫妻からのご相談。
オーダーすると、かなり高くなるし、細部までこだわりたい。
でも既存のものでは合うサイズがなかなかないし、無垢の木の風合いを楽しみたい。
方法は一つ!つくりましょう!
材料はチェリー。経年変化で色が濃くなっていきます。

オーディオラックから、スピーカーボックス、ついでにサイドテーブルまで、全て、
1ヶ月のフリーコースで作り上げました!

私、スタッフ辻も音楽愛好家なので、気持ちがよく分かります!
当初のイメージの打ち合わせから、ここはこうしたらどうですか?とディスカッション。

納得がいくものができたと喜んでもらえました!なんせお二人作業が早い。
1をお伝えすれば、10を理解し、どんどん出来上がっていきます。
息がぴったり…..。


スピーカーボックスを作っているところ!


キャスターを付けるためのジグを作ったりなど作業が丁寧です。


木目が繋がるように、接合部は一手間かかる留め加工(45度)

2台いっぺんにつくる要領の良さ。スピーカーのフレームに合わせて、前面部の面も45度に取られています。


こちらは大物、オーディオラック。CDも収納でき、アンプやミキサーなどが入ります。

面にもこだわり。美しいラインですね!

2階に設置のため、階段を通るように、ノックダウン式にしました!


正直完成品が巣立って行くときはとても寂しい気持ちになりました!

本当にこだわった素敵なオーディオラック。
いつか見にいきたいなぁ〜♪

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP