杉田式ノコギリ木工ワークショップ報告

10月29日、東京よりのスペシャル講師、杉田豊久氏をお迎えして、
杉田式ノコギリ木工のワークショップを行いました。

電動工具を使わず、手道具とジグだけで作品が出来上がっていくことに参加者一同、驚きでした。

普段は電動工具の音が響く教室ですが、この日だけは、ノコギリと西洋カンナの、こ気味よい音が
ずっと聞こえていました。

講師の辻も緊張のあまり、杉田氏の紹介やワークショップに至った経緯など、
とてもたどたどしくすみませんでした、、、、、

昔、自作でヨットを作ったことがある杉田氏の自己紹介。

常にわかりやすいパネルで丁寧にご説明くださいました。

ノコギリ木工もですが、杉田氏自身もとても魅力的な方で、一同興味津々です。

風雨のなか22名の方に参加いただきました。

 

これが、うわさの西洋カンナ。とても合理的で、氏の説明もとてもわかりやすかったです。
一同納得。

 

真剣な顔に、柔らかいユーモアも交えて実演なさってくださいました。

私も初めて西洋カンナを使わせていただいたのですが、感激の一言。

教室に数台欲しい、、、、

ノコギリ木工の魅力は精度と準備と省スペース。
杉田氏の身なり、身のこなし、持ち物から、きちっとした合理性が生まれるのだな。と納得です。

 

参加者も続々と体験します。

西洋カンナ。美しいですね。詳しい説明は控えますが、
ぜひ、氏の著書をお買い求めください。とてもわかりやすく説明されています。

 

西洋カンナ初体験、小川先生。
切れ味の良さに感激と、反省の表情。

がんばって西洋カンナを教室に導入したい!

杉田式ノコギリ木工、Youtubeほか、書籍などもぜひお求めになってご覧ください。

杉田様、本当に貴重な経験をありがとうございました!

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP