茶山台 分譲団地DIY 床下地編

解体が終われば次は作っていく作業。

今回の床の仕上げはカーペット。(超有名どころで使われているものと同じものを使用予定)

その為の下地に12㎜合板を貼っていきます。

合板を必要な長さにカットして並べていきます。

コンクリートの出っ張りはグラインダーで粉まみれになりながらの削り作業。

並べた合板をコンクリボンドで接着。

今回は合板を床に止めるだけなので、全面塗布ではなく点状塗布での施工に。

残った時間で農作業。。。ではなく、モルタルを練ります。

なぜか、木地を止めるための溝と変な勾配がついていたので、そこをモルタルで埋めます。

—–※—–※—–※—–※—–※—–※—–※—–※—–※—–※—–

【豆知識】セメント、モルタル、コンクリートの違いって??

セメント・・・モルタルやコンクリートを作るための素材(つなぎ材としての役目)

モルタル・・・セメントと砂を混ぜたもの

ブロックやレンガの目地、表面を平滑にするための仕上。

コンクリート・・・セメントと砂に砂利を混ぜたもの(砂利が入ることで強度UP)

基礎など強度が必要なものに使う(構造材など)

—–※—–※—–※—–※—–※—–※—–※—–※—–※—–※—–

しかっり混ざったら水を入れて練ります。

練りあがったモルタルをみんなでコテを使って施工。

この辺りは子どもと一緒でも出来る作業。記念に手形を残すのもアリですね。

無事に下地が完成しました!!

次回は壁下地を更新予定。

ABOUTこの記事をかいた人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP