【building chest】(吹田市在住 Iさん)

丁寧な作業と物腰のやわらかさで有名な、土日でお通いのIさん。

建築設計に携わるIさんは、一般的な構造形式のラーメン構造で家具をつくる。というコンセプトで、このチェストを作られました。

佇まいが、モダンにも、穏やかにもとれ、美しいですね。

通常、天板は下からビスで、骨組みととめるのですが、
Iさんはあえて上から止めて、それを角ノミと角ダボで隠したいとのこと。
(こういうこだわり、頑固です。笑)

 

ビルをイメージとのことなので、わたしもかなりのローアングルから撮影。

朝日に輝くビルのよう。

木目をきちんと活かした使い方ですね。

ひきだしの手掛かりもこだわりの部分。

手作業が好きなIさんはほとんど手で仕上げられています。

ひきだし前板は、一体型の包み蟻という組み手です。

ひきだし奥(向こう板ともいいます)はあられ組。

手をかけた分だけ、とても面白い個性的なチェストになりました。

わたしもこんなチェストみたことがありません。

可愛らしい、ともとれますし、無骨、ともとれます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP