ラーメン屋さんふたたび… その2

みなさん、こんにちは。
グルメブロガーの米地です(^^;;
ということで、ラーメン屋さんふたたび…の続きを書かせていただきます。

ネットで調べたり友だちや知人に教えてもらったりして美味しいといわれるラーメン屋さんさに行ったとき、次に問題ななのはそのお店で何を食べるか?…ですよね?

とんこつラーメンが美味しいお店に行って、それとは知らずにそのお店で塩ラーメンを頼んじゃったとかいうのはあまりありませんが、一番人気があるのがつけ麺だったのにそれとは知らずに普通のラーメンを頼んじゃうということはありえることです。

普通のラーメンが自分のテーブルに運ばれてきて、さあ食べようと顔をあげるとまわりのテーブルはみんな美味しそうにつけ麺を食べている…というのは結構辛いシチュエーションですよね?ね?

これがテーブルに座って店員さんが注文を聞きに来てくれるところであれば、どれが美味しいの?とか、何がおすすめですか?とか聞けるのですが、券売機を使っているお店ではそうはいきません。

券売機のまわりにメニュー表など貼ってくれていたらまだ考える手立てがあろうというものですが、ラーメンの写真もなにもなくメニューの文字と金額だけが書かれたボタンだけではどんなラーメンか推測しようがありません。

かといって、券売機の前で「う~ん…」とうなりながら何食べようか悩むなんて、あまりに恥ずかしい…。されどラーメンされどランチ、とはいえ、たかがラーメンでたかがランチ、真剣に悩んで後ろの並んでいる人を待たせるなんて私の美学が許しません。

ということで、前回のブログで書かせていただいた、「券売機の一番上の段のボタンはおすすめ」と、「他のより大きいボタンはおすすめ」という2つの理論を採用し、「ちょっと高いなぁ…」と思いつつお金を投入してボタンを押したのでした。

すみません、また長くなってしまったのでつづきます…(^^;;

ABOUTこの記事をかいた人

アルブル代表。「木育」の普及に精力的に活動中。
主に団体様に向けて、現在の環境状況や、木を使うことによる循環型社会のセミナー講師としても全国各地飛び回っている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP