住之江区在住Bさんの「カウンターテーブル」

いつもごきんじょから、自転車にのってちりんちりん。

ふらーっと来て、勘よくてきぱきこなして、楽しんで帰られるBさん。

週末のアルブルのムードメーカーでもあります。

 

ついにカウンターテーブルが完成。

_DSC0631

なんといっても、目をひくのは木の質感を活かしつつ塗られた白。

そして、こだわりぬいた、高級感あふれる面(めん:角になる部分の処理)

_DSC0625

 

 

_DSC0630

_DSC0622

_DSC0620

見学にこられたかたにも、「すごい高級観!」とほめられましたね。

 

Bさんはデザインや、芸術関係に明るく、細部にこだわられています。

空間に置かれたときのカタチ、色、空気感まですべて考えて作っています。

_DSC0616

 

自分の世界観に合わせて「買う」のではなく、

自分の世界観を形にして「つくる」。

 

芯がしっかりあって、凛としたこのテーブルにも

Bさんのお人柄が伺えます。

 

上品。

 

 

いつも木の色ばかり見ているので、こういう塗装、こういう家具は

はっとさせられます。

 

_DSC0615

すごく明るくて、茶目っ気たっぷりだけど、

お洒落、品がある。

_DSC0614

家具には人があらわれますね。

つくったものはなおさら。

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP