京都のアンティークショップ その3

みなさん、こんにちは。
アルブル木工教室の米地です。

毎日暑いですね…。
夏は毎年毎年「毎日暑いですね…」と言ってますが、今年もまた「毎日暑いですね…」の季節となりました。

さて、こないだの休日に行ってきた京都のアンティークショップですが、2軒とも素敵なお店でした。

一軒目のが70Bというお店。
70Bというのも変わった名前ですよね。
今度いったらなんで70Bっていうのか聞いてみなきゃ。

70Bさんのホームページがこちら。

70B
https://seventy-b-antiques.com/

ホームページに

西日本最大級の品揃えを誇るアンティークショップ…

と書かれています。
この「最大級…」に弱い米地夫婦…(^^;;

行ったお店は地下のお店で、この量で最大級?…と思ってしまいますが、きっと3店舗とかまとめた量なんでしょうね。

特徴としては結構値段がお手軽なんじゃないかなと感じました。
客層も若い女性の2人組とか、若い夫婦とかが多かったように思います。

そしてもう一軒がブルーパロットというお店。
ブルーパロットということは、青いオウムって意味でしょうね。
こちらも一度店名の由来を聞いてみたいところですね。

ブルーパロットさんのホームページがこちら。

ブルーパロット
https://www.blueparrot.jp/

こちらは自社ビルなのかビルの1階から3階までびっしりとアンティークがならべられていました。こちらはお客さんもちょっと年配の方が多かったかな?

特徴としてはちょっと高い目の家具が多いのかなと思ったのと、日本のアンティークがたくさんあるなぁと思いました。明治とか大正って感じの家具、火鉢なんかも置いてました。

2軒とも素敵なお店で、見ていて楽しかったです。結局なにも買いませんでしたが…(^^;;

で、アンティークを楽しんだあとはおやつの時間…。

知り合いのfacebookページで紹介されていて、京都へ行く機会があったら行ってみよう!と思っていたお店があったんです。

何屋さんかというと、カフェなんだけどたい焼きがある…。たい焼きがあるんだけどタイのかたちじゃない…。たい焼きだけどまん丸な形だそうな…。

なんか行ってみたくないですか?
たい焼き好きな私としては見逃すことができませんでした(^^;;

「あまいろ コーヒーとたい焼き 」というカフェなんですが、この店名をたよりにgoogle先生に聞きながら車をパーキングに入れて歩いて向かったんですが全然お店がみつかりません…。

ブロックを1周半回ったところで、これはアカンと歩いている人に聞いてみたんですが、2~3人に聞いても知らないという返事。

「京都人は一見さんに冷たいな!」…とは心の中で思ったりしたのですが、新しいお店だから知らなくてしょうがないところですね…(^^;;

それで最後にコンビニに入って店員さんに聞いてやっと場所がわかりました。道を探していたのですが、道じゃなくて路地に入らないといけなかったようです。

これが路地の入り口。
…って、わかります?わからないですよね?!
上のほうにちっちゃな旗みたいなのに「たい焼き」って書いてますが、私にはこれが見つけられずに2週まわりました(^^;;

この路地を突き当たりまで行ってやっと念願のたい焼きとご対面。

こんな路地の奥なのに、というか、こんな路地の奥だからよけいに人気があるんでしょうか、カフェはいっぱいでテイクアウトしかできませんでした。

いやいや、探し回った分も含めて美味しいたい焼きでした(^^;;

変わった形の美味しいたい焼きに興味のある方は路地のあの小さな旗を目指して行ってくださいね。見落とすと私のようにブロックを2週することになりますから(^^;;

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
それでは、また。

ABOUTこの記事をかいた人

アルブル代表。「木育」の普及に精力的に活動中。
主に団体様に向けて、現在の環境状況や、木を使うことによる循環型社会のセミナー講師としても全国各地飛び回っている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP