平林の風景

平林駅からアルブルまでは1本道。

てくてく歩いて10分ちょっと。

歩いているうちに、眠たかった頭の中がスッキリしてきます。

スッキリした頃に通るのが、この正平橋。

毎日、ちょっとずつ季節が春に近づくのを、この橋を渡りながら感じています。

早く、穏やかな日々になりますように。

今日で東日本大震災から9年です。

コロナウィルスの拡大も続いています。

何ごともない、平凡な日常が幸せなんだなぁと

教室に着いて、感じました。

 

鬱屈した雰囲気が漂う毎日ですが、

しっかり予防をしながら、元気な気持ちで

会員の皆さまと木工に向き合っていきたいなぁと思いました。

 

スタッフ 森川

ABOUTこの記事をかいた人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP