【ナラのベンチ oak bench】(城東区在住Iさん女性の自作ベンチ)

しばらくお休みされていたIさんが復活!いつも教室を明るくしてくれます。お仕事をお持ちなので、いつも1ヶ月にまとめてフリーコースでいろいろ作ってやろう!という作戦。今回も作りたかったこのベンチをあっという間に完成させました!

  • 仕様
  • コメント

サイズ:H450×W1000×D400(約 mm)
材料:なら(オーク)
材料参考価格:20,000円
製作日数:2.5時間×10コマ程度

旋盤で丸棒を作る作業に時間がかかりましたが、そのあとはスムーズ!おつかれさまでした〜!!(スタッフ辻)

旋盤での丸棒が大変…..。かたいかたいオークのベンチ。

スタッフがなにより嬉しいのは、しばらくお休みされていた方が
(お休みどんどんしてくださいね!木工はあくまで生活や暮らしのごく一部です!)
ただいま〜!久しぶり〜!
とご予約してくれること。
急に作りたいものができたから、この日からまたしばらくいきま〜す!と。
それから、過去に作った家具の近況を聞けたり、そんな些細なことが、一番うれしい!


こんなベンチを作りたかったそうです。丸い足がシンプルで北欧っぽいですね。
アイアンを取り入れたいのはIさんのいつもの要望。
アイアンって出来合いの脚を買ったら高いんですけど、この鉄丸棒はホームセンターで2本で100円くらい。(だったかな…..?)

また、オーク(なら)とアイアンって、色がすごく合うんです。

Iさんのおもしろいところは、いつも、木、鉄、布を組み合わせるところ。

この布なんですか?って聞いたら、
「うん、なんとなく、あったらいいかな〜って、強いていうなら滑り止め」
みたいな感じでした。笑

↓そして気づく人は気づく、Iさんは逆に気づかないミステイクが。


この天板のウォルナットの楔(くさび)を放射状の模様にしようとしていたのですが、

わかりますかね…..。「くく」の方向に向いている。
普通は

↖︎     ↗︎
↙︎     ↘︎

みたいにするんですが、

↙︎     ↙︎
↖︎     ↖︎

の方向に。

新しい……。
Iさん曰く、「間違えたけど、ぜんぜんいいんじゃない〜?なんかおかしい?」だそうです。

そうです。これは全然いいんです!
でも、ダメな向きもあって、木の繊維方向状に楔を打つと、広げられて天板を割ってしまうんです。
(↑これ、超重要!)
だから、天板と並行(あるいは垂直)に楔をうつことはほとんどありません。少しでも広げる力を逃がすように斜めに打つんですね。
豆知識。

なにはともあれ、完成!よろこんで帰って行かれました!またしばらくお休みするそうな。
また元気に帰ってきてくださ〜い!

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP