小川先生はお子様との相性もいい

まだアルブルでは新人の小川先生。
でも、ひとりひとりの要望に応えるべく日夜研究や勉強を続けています。

今日は手慣れたワークショップのカホンのレクチャー!
また、来た子がかわいかった!

小学生の女の子。インパクトドライバーやボール盤を使うたびに、
きゃー!とか、わー!とか、たのしー!とか。

お母さんにも、
やってみな〜。と

 

真剣な表情があったり、

先生の言うことをよくみてきいたり、

おかあさんを褒めたり。笑

会員のAさんも、その楽しそうな声につられ、
「お嬢ちゃんすごいやん!」と

マンツーマンで小川先生も教えてくれてます。

小学生でインパクトドライバーを上手につかいこなすなんて!

感受性が豊か。

何より、楽しそうなのが一番うれしいです。
お母さんが大好きなのが伝わりますね。

写真を撮っていて、
レクチャーさせていただいていて、
同じ場で作品を作っていて、

みんながみんな、幸せを感じれる時間でした。ほんとうに。

「図工室がなくなって、ほんとうはこんな機械があったのに、今はない!」

と教えてくれた女の子。

時代もカリキュラムも変わるけど、こんな親子、すてきだよな。

とその場にいた誰もが、

木工、ものづくり、より、つながりを感じた、

午前中のひとコマでした。

 

送迎までしてくれた小川先生(アルブルでは事前連絡で駅までの送迎も行なっています。)

帰り、駅でお母さんが持っていたカホンを、
わたしが持つから大丈夫!

と言ってくれていたそうです。

こういう笑顔が増えて、いつかの想い出になってくれるなら頑張れます!

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP