【第1回bar:reの風景】※だいぶ過去となりました…

とある日…
平林の19時、木工教室arbreの字面が変わりbar:reの文字に。

arbreはcloseし、bar:re:がopen。

看板娘たち。

社長の米地差し入れの高級(らしい)お寿司。

他、色々な方からの差し入れ。

女将の和恵さんも腕をふるってくれました。

このbar:reの趣旨は、教室や木工の魅力の他に、教室に通われる生徒さまの魅力も知ってほしい!
との思いから始まりました。授業終わりにワイワイ楽しく、でも、一人ゲストを決めて、
その方のお話にスポットを絞ってお伺いしよう。という内容です。

生徒のKさん。

前スタッフのヒカトリーナ

看板、ちりっきリッキー

照明は落として、でも会話は弾んで、日が暮れて、月が登り始めます。

御存知、RICKY特製カレー。大人気。

和恵さんは、旋盤の器について熱く語ってました。

なんかし、かけたり、失敗したお皿を『魯山人!魯山人!』と言って褒めてました。

HさんとTさんのコンビ。平均年齢がぐっと若くなります!

あたりはもう真っ暗。

この後、Kさんに写真をうまく撮るコツを教えてもらい、
みんなで実践してました。

会話の全てをポータブルマイクにて録音していたのですが、あまりにも膨大な量となってしまい、
言葉に起こすのを断念しました。反省。
次回以降は、辻が、しっかり要点をメモ取りながら進行します!

 

次回は【7/23日(日) bar:re vol.2   guest 塗装職人:大西正義さん です!】


アルブルに来る前から、木工に携わられていた大西さん
木工を始められたきっかけや、木工の魅力、また、塗装というお仕事についてお伺いしたいと思います!

また、告知を作り近日公開しますので、今しばらくお待ちください!

ABOUTこの記事をかいた人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP