間伐材の話 その5

「間伐材の茶室」設計コンペ、佳作、優秀賞、特別賞ときまして、
最後は最優秀賞です。

 

間伐材の茶室というテーマ。これはそのまま茶室を作るということ
ではないそうです。茶室というのは人が集える小さな空間という
意味だそうです。

 

人が集えて交流できる小さな空間を間伐材で作る。
とても良いテーマだと思います。

 

最優秀賞はどんな作品がとるのか、とても楽しみでした。
建築のことは素人なので、見た感じでいいなぁとかカッコイイなぁ
とかの感想はもてるのですが、どういいのか何がいいのかなど細かい
ところはわかりません。

 

しかし、最優秀賞は素人の僕でもとてもわかりやすい作品でした。
やはり学生さんは発想が柔軟ですね。

 

最優秀賞は「間伐材の秘密基地」です。

 

最優秀s

 

学生さんの発想が柔軟だというのもいいと思いますし、この作品が

最優秀賞に選ばれるというのも素敵ですよね。

ABOUTこの記事をかいた人

アルブル代表。「木育」の普及に精力的に活動中。
主に団体様に向けて、現在の環境状況や、木を使うことによる循環型社会のセミナー講師としても全国各地飛び回っている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP