タモの杢の行く末

以前、タモの杢の塊を「もらいます。」とYさん。

 

今日は理想の形に成形していきます。

複雑な治具を作り、

プレ−ナー(自動かんな)に通します。

 

_DSC1158

 

プレーナーとは、厚みをおとすかんなのことで、

斜めに削りたいYさんは、材料を斜めに立てることに。

 

わたしもこんなに厚い材料を削るのも、

プレーナーの口がここまで開くのもやったことがなかったので、どきどきでした。

_DSC1160

入り口と出口をいったりきたり。

_DSC1165

どんどん形ができあがっていきます。

_DSC1167

 

最後は手。のこぎり、のみ、かんなで仕上げていきます。

このタモの杢、うつくしい。

こんな形になるなんて、さすがアーティストです。

 

 

 

こちらはトリマー台で精密な加工をされるIさん、

_DSC1153

 

 

 

 

仮組段階でもかなり上手に出来てます。

 

 

_DSC1150

 

ボール盤での加工をされるFさん、

 

_DSC1155

 

他、生徒様多数、見学者、入会者、とつぜんのお客さん、きょうはいろんな出会いがあり、

みなさん充実されている模様でした!

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP