黒柿ってしってます?

くだものではなく、今回は木のお話。

 


■黒柿 [ 銘木 ](以下wikipediaより抜粋)■

~外見は普通の柿の木と同じで、伐採しないと見つからないため、非常に希少価値が高く、

その美しさから「銘木中の銘木」と称される。~


銘木とは希少価値や鑑賞価値をもつ木材のことです。

その銘木中の銘木を

尼崎のAさんがもってきてくれました。

_DSC1048

 

どうでしょう?この木目、辻は好みです。ゾクゾクします。

なんというか、猫っぽいというか、かわいいというか一筋縄ではいかない感じ。

 

私服もガラものばかりの私だからでしょうか。こんな色の服が着たい。

かんなをかけて、オイルを塗って、光沢がでるともっとキレイになります。

 

この黒柿はAさんが今作られている引出しの取手になるんです。楽しみ。

そしてAさんがだいぶ前に着手された、ケヤキの高卓が完成。

『送り蟻』という技術を使ってます。

塗装はカシュー。

 

_DSC1049

 

随所にこだわりが見え隠れ。

 

_DSC1050

美しい。

 

_DSC1054

 

この角度、家具や木工をやっている人がみたら、

『にやり』と笑うか、

『むぅ…』と唸るか、

いずれにせよ、驚きと感嘆がでてくるでしょう。

なにがすごいかといいますと木口を細工をして隠しているのです。

その辺りはまた、作品紹介コーナーに挙げます。

 

_DSC1052

脚も独特で素敵です。

 


 

 

そしてOさんの布団掛けも完成!

仕上げはご自宅で。年内完成を達成しました!

 

_DSC1068

かわいらしい丸いフォルム。

 

_DSC1064

 

こんな細かい芸がかくされてます。

 

 

 

 

 

 

 

_DSC1065

 

折り畳めるんです!

 

 

 

_DSC1061

 

 

10月から通われて、月に2回?

丸棒をつくるところから初めての完成です!

 

 

_DSC1060 _DSC1058 _DSC1056

 

今日はクリスマス・イヴですが、いろんなそれぞれのXmasがあるため、

教室はあくまで平静。

私はいつもの近所の中華料理屋と、

毎年のいつもこの曲で静かにすごしまーす!

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP