此花区在住 Oさんのペーパーコードスツール

_DSC0506

 

教室に通われて数ヶ月のOさん

いままで個人でも木工をされており、流木などを使って、

自然のカタチをそのまま活かしたものを作られてきています。

 

写真を見せて頂きましたが、ほんとうにすごい。

わたしも、家具の世界で生きてきたのですが、(もちろん自分でも様々なものをつくります。)

一般の家具と、木工作品は使う感覚や技術が違うのです。

 

アーティスト肌なOさん、やはり直線的な日本の「家具」に新鮮さを感じておられました。

が、のこぎり、のみの使い方はやはり上手。

 

はじめてのペーパーコードの張りさえ、持ち前の勘で、

上手に張られています。

 

ペーパーコード(名前の通り、紙をよって作られたひものこと。)は

張りすぎても木がしなり形が悪くなり、

緩みすぎても使ううちたるみがでてきます。

 

それを絶妙のバランスで張られています。

(張りはご自宅でもできるので、教室外で個人でされてました。)

 

 

 

 

 

_DSC0511

均一なライン。

 

 

 

_DSC0507

ペーパーコードならではの規則的な模様。

 

 

_DSC0513

ホゾの導付(木と木が合わさる部分)もきっちりと。

 

木は自然のもの。初めは全て流線型です。

海外の家具は、曲線、流線型が多いのに対し、

昔から日本では直線形が好まれる文化でした。

 

一般に、家具の本体自体を曲線にするのは大変むずかしく、(例えば、ひきだしが曲線系だと困りますよね。)

脚だけなどにその装飾を用いるのです。

 

日本では、床での生活が多かったため、脚のついた家具があまり必要とされず、

つまり、直線的な家具が生まれやすかったことに由来しています。

 

流線型、直線、はたまた、木以外での材料もこなされるOさん。

鬼に金棒、というべきでしょうか。はたまたグローバル、というべきでしょうか。

 

表現の巾を広げられているなぁと思い、

ちょっと、うらやましい。

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP