京都医健専門学校さま 木工ワークショップ

ことしも行ってまいりました!京都医健専門学校さまでの出張ワークショップ。去年は1日でアウトドアチェアをつくりました。

京都医健専門学校さま デッキチェアづくりワークショップ

が、今年は枠を増やして3本だて。3種類のものを作ることとなりました。
体や道具の使い方を学びながらみなさん上手に作ってましたよ!

作業療法科の学生、木工にトライ!

京都医健専門学校のT先生、作業療法のリハビリなどに取り入れられる木工。学生が、知識だけ学んで、体験をしたことがないというのはおかしい。ということで、お声がかかり、道具や体の使い方を学びながら、実際に作品を作るワークショップとして提供してきました。

今回製作するのはこの3点

額縁とおはしとスプーンです!
それぞれ、使う道具や危険度、体の使い方などが全然違うので「作業」といった部分で良い勉強になります。

額縁はノコギリと治具(上手に加工するための補助具)を使い、危険に注意しながら作ること

スプーンは彫刻刀を用いて座りながらの作業。手先に集中すること。使い方を間違えるとのこぎりよりも危険です。

おはしはサンドペーパーで磨き、形を整えます。安全ですが今期がいる作業です。


実際に作るだけでなく、理論も体系立てて学んでもらいます。
真剣にメモをとってくれる生徒がたくさんいたので、感激。やりがいがあります!



いざ削る段階になると、談笑しながらですが、学生のみなさん、きちんと真剣に集中してます。


こちらの方、手の使い方が上手ですね!すばらしい!


額縁、スプーンと違って、おはしはいたって簡単なのでこの笑顔♪


スプーンを早く作るために持ち込んだベルトサンダー。速さに一同驚き!
いままでの手作業はなんだったんだ!

今回は3本立てでかなりバタバタでしたが、学生のみなさんに楽しんで喜んでいただけて嬉しかったです!

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP