尼崎市在住 FさんのPC収納

db48801b-0410-4a21-9ee4-47dacc99582c 1f9b1edb-e86a-4bf9-a84c-60044caeba56 f77a68a3-de20-4bb6-9a6a-d540198ed08c

 

難易度Sクラス

扉、引出し、框組、羽目板、

いろんな家具の製作要素がつまったタモのPCラック。

ついに完成。製作期間は2ヶ月ほどでしょうか?

講師はまったく手伝いません。全てご自分で。

 

何度も繰り返しなのですが、Fさん、今年の4月に初心者として

arbreに通い始めて、今まで数点の作品をつくった程度。

年の瀬ですが、今年一番の変化は、

「家具を自由自在につくれるスキル」が身に付いたことではないでしょうか?

成長を止めない人生、憧れます。

 

ご自宅のカウンターテーブルの下に全体がすっぽり収まるので、

上下左右が見えなくなります。だから、前面部以外はタモの集成材。

こんなオーダーメイドが、セルフメイドできるのが、

「材料を選べる」最小のコスト。と「自分で作れる」最大の喜び。

_DSC0838

全体像 タモの框組扉が目を引きます。取手はウォルナット。

 

 

_DSC0840

 

右側の上部はノートパソコン収納。

 

 

_DSC0843

ドロップダウンの扉を開き、

_DSC0847

前に引くと、棚が伸びてきます。PCを奥に置く事ができるので、マウス操作もらくらく。

動きが複雑に組み合わされるため、金具の取り付けにとても神経を使います。

 

 

 

 

 

 

 

_DSC0841

左側の扉はきれいな柾目(まっすぐな落ちついた木目)の羽目板。

こちらを開くと、

 

 

 

 

_DSC0842

_DSC0859

下部にスライドレール。

 

 

_DSC0860

こちらも引き出せます。

シュレッダーが入るとのこと。

 

ということは?

_DSC0850

 

 

 

 

そうです。ご覧下さい。_DSC0853

右側の両開きの扉を開けると、可動棚の下に、

同様にスライド棚。こちらも引き出せます。

プリンタ置き場。

 

 

PC機器のマンション。いや、からくり屋敷?

まるで、サンダーバードの基地のような構造。

 

他の生徒様も、PC機器もこんな部屋を作ってもらえて嬉しいだろうね〜。

とおっしゃってましたね。

 

見てください。このキレイな柾目。

ただ、綺麗に並びすぎないよう、色の濃淡にあわせてリズムをつけて並べています。

 

 

 

_DSC0862

 

精密な加工をされるFさん。

金具を組み合わせ、動きのある家具。

また一つ、いや、三段階くらいレベルアップされたのではないでしょうか?

 

 

 

_DSC0868

 

ずっと見てたい、世界で一つだけの、自分になじんだ家具。

 

 

 

 

 

_DSC0869

 

 

木がよろこんでいます。

 

おつかれさまでした!

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP