大阪木材会館

みなさん、こんにちは。
アルブル木工教室の米地です。

アルブル木工教室は平林木材団地にあります。大阪市内の住之江区の平林に木材団地があることをみなさんご存知でしょうか?

東京の新木場は木材団地として有名ですが、平林はあんまり知名度が高くないんですよね。

大阪にはもともと四ツ橋あたりに木材団地がありました。木材団地…というよりは木材市場ですね。

長堀あたりに今も名残がありますよね。材木屋があったから近くに家具の街ができ、立花通りは今も家具屋さんが多いです。

時代が流れミナミが繁華街となっていくにしたがって、大きな土地が必要な材木屋はミナミから大正区へと移っていきます。

私のじいちゃんがうちの会社、大宝木材を創業した当時は大正区の小林町にあったと聞きます。

そして大正区も市街化されていくにつれ材木屋が追い出され当時埋め立てられた平林にうつり今にいたります。

そんな平林に木材団地らしいランドマークができました!木材会館です。

もうとっくに完成はしていたのですが、昨日は木材会館に入っている平林会の木育委員会だったので初めての訪問となりました。

大きな玄関扉から入るとこんな感じ。

丸太をそのまま柱に使っています。
木材会館にふさわしい柱ですよね。

2階が事務所になっていて、大阪府木材連合会や平林会が入っています。

そして1階はこんなホールになっています。

もちろん木がふんだんに使われていていい感じ(^^;;

いつかNPO法人木育フォーラムの総会だとか、アルブル木工教室でセミナーやるとか、なにか使わせてもらえたらなぁと思いました。

ABOUTこの記事をかいた人

アルブル代表。「木育」の普及に精力的に活動中。
主に団体様に向けて、現在の環境状況や、木を使うことによる循環型社会のセミナー講師としても全国各地飛び回っている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP