ちょっと特殊な加工の1日

ちょっと特殊な加工つづきの1日!

月曜日、たくさんの生徒さまにお越しいただきました!お通いになられる生徒さまも、やはり自分で作るなら。とこだわりをたくさんお持ちです。今日はそんな特殊な加工から頭を使うことが多かったです。

 

※カメラの設定を間違え画像が暗くてすみません!

今日からお通いになられた女性。ご自身でハープを作りたい!とのことで、今日はサンプルを見ながら図面を書いていきます。弦の数や感覚、テンションのことを考えながら…..

ハープって、シンプルで、合理的な形ですね!みとれてしまいます。

いつも子供に人気の小川先生。2.5時間のカッティングボードづくりワークショップ体験です。この園児が、「自分から電動糸鋸をつかってみたい!」とママにおねだりしたそうです。うれしいことですよね!水族館のお魚がとてもすきで、カッティングボードもジンベエザメの形に切り抜きました。そのあとママと一緒にサンディングしてオイル塗装。レーザー加工もしました!

うれしそうにぱしゃり。とても活発で鼻歌交じりに作ってる姿がかわいかったなぁ。


作るものがオリジナリティあふれ、生徒様からも人気のKさんは寄木スツール。色の異なる木をサイコロ状にカットし接着剤だけで組み立てる椅子です。

並ぶと綺麗ですね!このあとのオイル塗装でもっと綺麗になりますよ〜

Kさんのつくる作品はこちら


こちらのTさんはステンドグラスを自宅で自作。アルブルでは大きなショーケースをつくっていて、その全面部の扉の木枠をつくり、今日はそこにステンドグラスをいれてみました。

Tさんのステンドグラスはいつも、華美すぎず、おちついた気品があります〜。僕らの教室の家具にもいれてみたく、発注しちゃいました。いまから楽しみです〜

Tさんの過去の作品はこちら。


他にもテーブル天板をヘリンボーン柄で作る方など、たくさん頭をつかいました!

日が長くなり、教室が終わった後も、夕日をみながらほどよい疲れですよね。きっと来られる方も。いい気候、ものづくりを楽しんでいきましょう〜

ABOUTこの記事をかいた人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP