【お箸入れとその他】(住之江区在住Tさん)

教室に来られる前から、ご自身でものづくりをされていたTさん、こちらは教室で作られたものでなく、全て最近ご自身で制作されていたものの紹介です。驚きの精度と緻密さ。

驚きの精度の高さ。ご自宅でつくられた緻密な作品たち。

なんといってもTさんの作品には情熱、というか、繊細で緻密な技術が込められているのが感じられます。
仕上げ、こだわりひとつでこれだけ変わります。

ご自宅の建具なども組子細工で自身で作られ、そのついでに、と小さなオブジェも製作。
鉛筆と比べるとその小ささがわかりますね!
中の組子のパーツは厚みは1mm、長さも5ミリくらいの繊細さ。

そしてこちらはちゃぶ台の試作。どれくらいの足の開き角度がよいのか、一度モックアップ(小さな模型)を作られました。
が、ここがTさんのすごいところ。ボンドでくっつけるだけでなく、「ほぞ」でしっかり組まれているんです。

こちらも鉛筆と比べてみると、大きさがわかりますね!

そして、これは、今回製作したウォールナットのちゃぶ台の残りで作った「おはしばこ」
アリ溝という形の溝で、蓋が簡単に抜けないようになっているんです。

しかも、入れ始めと最後でキツさをほんの若干だけ変え、奥にスライドするほどキツくしまる仕組み。

Tさん、こだわりすごすぎます。

ここまでしっかり仕上げられていますので、塗装したときの輝きはほんとうにきれい。


△アリ溝。スコンと抜けないように、ただの凸凹になっているのではないのが見えますか?

△きれいに光ってます!

△指をかけられるように、凹みもついてます。

Tさん、またいろいろできたら見せてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP