愛を刻む時計

こちらの生徒さんは、あることのために、あるかたちのものを、あるふたりでつくっています。すべては内緒ですが、

DSC00605のコピー

ちょっとした、予想外のハプニングも、二人だけで乗り越えました。
私は指示しただけ。こんなとき、教室冥利につきるんです。

DSC00598

木は切ってしまったり、加工してしまったら、戻すことって難しい。
木を加工することを仕事にしてたら、きちんと図面通りに作らなければいけない。
でも、実は木は柔軟でもあったりする。あつかうひとに寄り添うのが木だから。

『じゃあ、こうしたら』と。そんな二人の会話で形になっていく栗とくるみの木は
二人のようにありのまま受け入れたように、
とても素直に、きれいにはまりました。

DSC00602

見てて嬉しかったです。

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP