ぞくぞく組み立て

今日はハルカスの「きとひろば」にて手薄でしたが、教室ではぞくぞく家具が形になっていきました!

_DSC1716

吹田、Iさんの渾身のタモ&チェリーのオリジナルチェア。

洗練されたデザイン。アッシュ&チェリーといった方がにあうかな。

つぎは旋盤でお皿に望まれるそう。

_DSC1717

Iさんはいつもきちっとしてはって、図面も、覚えた事を書くメモもきっちり。

それでいて、周りにいつも気を配ってらっしゃいます。

そんなIさん、つぎはアルブルに通って、初の旋盤。

図面も何も関係ない、右脳の芸術。

すごく楽しみです。

今日、終わり10分くらい使い方をレクチャーさせていただいたのですが、

ん、うまい。寸法ものよりこちらの方が得意なのでは…。

大柄なIさんが旋盤でじっとしてる姿がみられるのも楽しみの一つ。

 

 

 

 

こちらはYさんの作品。仕上げ、微調整前です。パイン材。

こぶりで使い勝手がよさそう。

_DSC1714

月に2回のYさんですが、新しい技術を覚えようとどんどん挑戦されてます。

上は引出し、下は引き戸。家具の要素がつめこまれてますね。

 

 

 

 

 

つづいてFさん。

ご自宅の建具(引き戸とドア)を作られています。

ホゾも2段ホゾ

 

 

 

_DSC1711

 

すこしアクシデントもありましたが、そこはFさん。工夫の達人。

いいつも私も考えつかないような合理的なアイデアで製作しています。

塗装でなやまれてますが、どうしましょうかね?

 

 

 

 

まだまだ先のことなので、たくさん悩まれてください!

 

 

_DSC1713

 

 

生徒さんの失敗は、僕らの失敗ですが、

みなさん、失敗を楽しまれてるように見えて、なんだか励まされます。

なんどもなんども、教室でも、教室外のことでも失敗しているもので。笑

 

今日はこんなかんじ。

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP