「光の春」

立春をすぎ、すこし日照時間が長くなってきたこの時期を「光の春」ともいうそうです。
そんな今日の教室は、
DSCF4805
ベテラン生徒さんのAさんは、講師の職業訓練時代の教科書でお勉強中です。
DSCF4807
こちらのコタツの天板のボンドが乾く、待ち時間なのです。
今月はフリーコースで真面目に(笑)いろいろ同時進行で要領よく作られています。
DSCF4809
こちらはFさん。屋外用の用具入れをDIYされています。外側の木板を塗装中。
DSCF4808
ウッドデッキやログハウスなどの油性塗料です。
DSCF4810
よく見ると溝が掘られています。雨などが隙間に入りにくくするためです。
DSCF4812
こちらは屋根の材料。コールタールと同じ素材でできていて、表面は布のような手触り。外に置いても雨音がうるさくないように工夫されています。
可愛らしい小屋が完成しそうです!

 

ABOUTこの記事をかいた人

PAGE TOP