【栃のアイスカップ 漆仕上げ】豊中市 Hさん

 

栃の木3兄弟

アルブルの木工旋盤で木地をつくり、

別のうるし教室さんで塗装をされたとのこと。

 

_DSC1216

_DSC1209

感激。なんでしょう、このうるしの魅力。

_DSC1228

木目の魅力もさることながら、それを最大限に引き立てているように思います。

この塗装は、木の器にに透けた生漆を塗っては布で拭き取る作業を繰り返す

(Hさんは9回の行程も)「拭き漆」という塗り方。

栃の木の美しいリップルマーク(砂漠の砂のような美しいさざなみ模様)が

うるしで引き立てられています。

_DSC1212

ご存知の方も多いとおもいますが、漆は単純に見た目のうつくしさだけでなく、

中に入れるものを冷めにくくする、「用の美」も兼ねます。

昨日ある方と、生産や、ものについての話を深くしたのですが、深かった。

遠くの国の、貧しい国の製品を、積極的に使う、消費して還元する。

ことも大事だけど、だいたい無理が出てくる。

まず、日本。自分たちの身近な素材を使う事が、はじまりなのではないかと。

漆は英語で、JAPANと称されます。

面倒くさいはなしはさておき、違う形になって、教室に戻ってきてくれた事が、ほんとうに嬉しい!

_DSC1206 _DSC1208   _DSC1213

 

 

食卓の上に、この器と、栃の実がいっしょに置かれてたら、素敵。

180px-Tochinomi-marron

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP