豊中市在住 Hさんのお皿完成!

0001

 

 

先日、豊中市在住のHさんの器5兄弟が完成。

全て、兄弟(つながった1本の木から採ったうつわたち。)

 

個性もばらばら、思い入れは一つ。

初めて扱う木工旋盤で、もくもくと作ったうつわたち。

 

とても素敵なうつわだったので、いい写真がとれました。

百貨店の催し物会場っぽくデコレーション。文字はダミー。

作品はほんもの。

 

集合カットをいくつか。

_DSC0877

 

_DSC0879

 

_DSC0880

 

個性もばらばらでしょう。

 

ひとりひとり5兄弟を紹介していきます。

 

名前を聞き忘れたので、ご本人の意図を邪魔しないよう、

ABCで紹介いたします。少し個人的な批評になるのですが…。

Hさん、ご説明あればコメント御願いします。

 

A (シャープでありながら、有機的な曲線を保ち、凛としたしなやかさを感じる。)

食べるなら:パエリア

_DSC0882

 

 

 

B(木目の面白さを楽しんだ作品。底面と側面から、木の二面性、燃えるような生命と、まっすぐ伸びる尊さが一つの器に表現されている。)

食べるなら:カレー

_DSC0892

 

 

 

C(木、らしい、ぽったりとしたフォルム。思わず手でつつみたくなるような、まっすぐな作品)

食べるなら:シチュー

_DSC0888

 

 

 

D(盃型のフォルムに金継のように入ったウォルナット。エッジの効いたモダンな佇まい。)

食べるなら:ペペロンチーノ

 

 

_DSC0901

 

E(最大限度まで薄く仕上げられた厚みは木目同様、緊張感を漂わせる。そこにウォルナットで接ぎ木されたユニークさが、人間らしさを物語る。)

食べるなら:ハンバーグドリア

_DSC0895

 

全て個性的でしょう。

旋盤、誰でもきっとたのしめると思います。

 

もう一回言います。

 

パエリア

_DSC0885

 

カレー

 

 

_DSC0893

 

シチュー

_DSC0890

 

ペペロンチーノ

_DSC0902

 

ハンバーグドリア

_DSC0899

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP