此花区在住Oさんの流木ランプ

いつもお休みにきて、ご自分なりの木工を楽しんでいらっしゃるOさん。

ご自宅でも教室での復習、として、テレビボードなどを作られています。

_DSC0698

_DSC0703

そんなOさんが、教室に通われる以前からつくられているもの。

「流木」を使った作品。

_DSC0702

今回はそんなコレクションの中から、流木ランプを持ってきてくださいました。

教室にもしばらく展示させていただきますので、是非ご覧下さい。

_DSC0701

優しいあかりと、いろんな旅をしてきた流木。

つつみこまれるような、なにかほっとするような、

この明かりを見たとき、

100歳を超えたウクレレ奏者、Bill Tapia の声が頭に流れました。

枯れていて、でも、威厳があって、チャーミングで。

流木で製作。

わたしもしたことがないので、

つくってみます。

加えて、こちらは

木彫での手鏡。

これもOさんの作品です。

_DSC0704 _DSC0705

家では厳しい評価、とのことですが、

私は好きです。

でも、やっぱり、流木ランプが、なんせ感動しました!

是非いろんな角度からご覧になってくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP