【DOG HOUSE】(堺市在住 Tさん女性の木工作品)

愛犬の為の、ドッグハウス

アニマル模様をくり抜いた、こだわりの一品。時間もかかりましたが

とても素敵な作品が出来上がりました!

  • 仕様
  • コメント

サイズ:H460×W640×D635(約 mm)
材料:マニルカラ、ベニヤ
製作日数:ask

頑張って作ったドッグハウス、その後ワンちゃんは気に入ってくれたでしょうか??

お部屋のインテリアとしても素敵ですね。

お洒落な作品。次回も楽しみにしております!!!

レーザーカットのこだわりDOG・HOUSE

「新しくドッグハウスを作りたい!」とTさん。

見せてくださった、イメージ写真を見て、どうやって作ろうか頭をひねる、スタッフ。

今回のポイントはくり抜きのアニマル模様です。

厚みのある素材だと、箱型に組むのは簡単ですがくり抜くのがとても大変!

薄い素材だと、逆にくり抜きはできても、箱型にした時の強度が心配です。。。

そこで、、、額縁の様に枠を5面作り、アニマル柄にくり抜いたベニヤを

枠にはめる事にしました!

さて、作り方は決まったものの、どうやって模様をくり抜くか。

糸のこでも出来ますが、3枚分作るにはなかなか時間がかかります。

そこで、北加賀屋にある【FAB LAB KITAKAGAYA】さんレーザーカット加工

する事にしました!

 

【FAB LAB KITAKAGAYA】さんは、会員・有料制で様々な機械を使う事が出来ます。

レーザープリンタ&カッター、3Dプリンタ、ミリングマシン、刺繍ミシンなどなど。。。

教室にもレーザープリンターはあるのですが、出力が弱いのでカット加工は出来ないのです。

まずはTさん、【FAB LAB KITAKAGAYA】さんに行って、機材の使い方を覚える為の課題製作から。

お友達の会員Sさんも一緒です。

北加賀屋の駅から歩いて5分程、スタッフの方にご挨拶をして、課題制作の開始です!

使うのは、こちらのレーザー加工機【TROTEC】

教室のレーザープリンタとは全然違う!大きい!立派!

レーザー焦点の合わせ方、パソコン上での設定方法など、ホームページ上の

チュートリアル動画を見て学びます。

課題制作にはネームプレートを作ります。

データは、有料ソフト・illustrator ・CorelDraw ・Vectorworks、無料ソフト・Inkscapeなどで作成。

今回はillustratorで作りました。カットは赤線、刻印は黒ベタにします。

出来上がったデータ↓

いよいよ加工スタート!

素材の種類、厚み、などによって、加工パワーとスピードの調整が必要です。

何度も調整を繰り返して、、、

出来た!!!と思ったらパーツがバラバラに。。。(写真左)全部くり抜きのデータになっていたようです。

やってみないと分からない事がありますね。。。

データを修正して再チャレンジ!ちゃんとプレートになっています!(写真右)

課題制作にかかったのは2時間ぐらい。2人分の課題制作をして、この日は終了。

後日、いよいよ本番のベニヤの切り抜きです。

因みに、失敗してバラバラになってしまったプレートはその後この様に

ドッグハウスの表札として再利用されました!

数日後、ベニヤの加工に再び北加賀屋にやって参りました!

前回のアクリルとは素材が変わるので、再びパワーとスピードの数値の調整です。

全然カットされていなかったり、、焦げが濃くなるだけで、カットされていなかったり、、

このバランスが難しいです。。。

何度も調整を繰り返し。。。やっと3枚完成しました!

写真上の方が焦げは強いですが、カットが出来ていないのです。。涙

下の方のパーツは、板を持ち上げただけでスポッと外れました。

くり抜き加工が完成後、教室での作業に戻ります。

くり抜きが貫通していない部分は、カッターや糸のこで作業。

ベニヤを嵌める枠は、切りっぱなしではなく仮組み後トリマーで面取りをします。

面取りの形は作品によってそれぞれですが、ちゃんと面取りをしていると

作品全体の完成度が違ってくる様に思います。

そしてベニヤを嵌めて、全体の組立をします。

OSMOで塗装をして。。

飾りにネームプレートをつけて完成です!

長く時間がかかったので、達成感ありますね!

日が当たって、影の形が綺麗でした。

機材の関係上、アルブルでも出来る事、出来ない事がありますが

今回の様にして、作品の理想に近づけていく方法もあります。

【FAB LAB KITAKAGAYA】さん、気になる方はHPをチェックして見てくださいね。↓

FabLab Kitakagaya

ABOUTこの記事をかいた人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP