【PRIMERO】レビュー「15,000円以内で4種の電動工具が揃う!」(サンダー編)

教室会員さまから、よく、電動工具、「買ってみたいけど何を買っていいのかわからない!」「はじめは高価なものを買うのが怖い!」
と相談を受けます。アルブルでは、「道具も消耗品なので、高価なものでなくても安価なものをガシガシつかってみる」というのが一つの答えと考えています。

手頃なものはないかとインターネットで探していると、Amazon.co.jp限定販売の「PRIMERO」というブランドがありました。
調べてみると、EARTH MANなどでも有名な「高儀」が製造しているとのこと。これは信頼できるかな。ということで早速、DIYに必須の4アイテムを購入してみました!

今回はサンダーのレビューになります。

動画をご覧になる方はこちらから。

PRIMEROの特徴はなんといってもシンプルでおしゃれ。

電化製品で言うなら「無印良品」のような洗練されたスタイリッシュさ。
総合して言うなら、いままで手でしていた作業がこの価格で変わるなら、とてもありがたいこと!時間も節約できますし、なにより色々作ってみよう!とモチベーションがあがります。

ご覧のように、夜の飲み代を1回分我慢すれば、1台の道具が手に入るということですね。(丸ノコのみ、焼肉を我慢する形になります。)


今回は「コーナーサンダー」のレビューになります。

まず持った感じが軽い!そして振動が少ない!

教室では通常中型のサンダーをつかっていますが、無垢の硬い木やテーブル天板などの幅広い木を削るのでなければ十分かな。と感じました。

少し難があるとすれば、スイッチが少し押しづらいくらい。といっても力がいる、と言うことでなく、押ししろがあまりないので押した感触があまりない。という程度です。

以上から、これは女性にも使いやすいのではないかと思います。

(PRIMERO全般に言えるのですが、女性の使いやすさに焦点を当てている気がします。かっこいい!無骨!というほうが好きな方はMAKITAやHIKOKIがおすすめですが、値段も上がります。)

気になる音ですが、音ももちろんします。中型のサンダーに比べては静かです。こんなものかな?という程度です。
掃除機とは周波数も違いますが、ちょっと昔の掃除機の音の感じです。

サンダーは材料に当てなければ音がそのまま聞こえ、うるさいですが、材料に当てて削っている間は意外と静かなんです。

 

付属のペーパーは#80 #120 #180 の3種類
このタイプのサンダーは耐久性が少しありませんが、ホームセンターにあるような柔らかい木を削るには十分です。

トータルすると、家庭用DIYで使うには十分。教室では毎日サンダーが使われますが、家庭ではそんなことはまずないと思います。お手持ちの家具の汚れをとったり、毛羽立ちやささくれをととったりなど、一家にあればいろいろ使えます。

DIYのまず一歩、電動工具の購入を検討されているならば、購入してみてはいかがでしょう?もし、壊れたとしたら、それはそのとき、入門の道具を使ったことがあれば、次にハイスペックを購入する時、より感動も多いことでしょう。

↓こちらからご購入いただけます。他の方のレビューもご参考くださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP