きとひろば二日目

みなさん、こんにちは。
アルブルの米地です。

アルブルがやっている木育活動のうち主催イベントである近鉄ハルカスでの活動。
”木と触れ合う広場”という意味合いから「きとひろば」と名付けて活動しています。
そのきとひろばの二日目。

今回は夏休みということもあり木工工作をメインとして広くとり、木の遊具で遊ぶスペースは小さめにしました。

それでも木の玉プールは大人気で、ほとんど途切れることなく子どもたちが遊んでいました。

この日も小さいお友だちが椅子づくりにチャレンジしてくれました。

4歳のお子さんです。
予約の時点で「4歳ですが作れますか?」とご相談いただいていました。
大人の方と一緒にやっていただければ大丈夫です、とお答えしていたのですが、ほとんど一人で作られましたよ!

あと、ここのところ毎回出展しているカスタネット作り、こちらも人気で、たくさんの方に体験していただきました。

二日間たくさんの方にご来場いただき、少しでも木に触れ、ものづくりを楽しんでもらえたと思います。
ありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

アルブル代表。「木育」の普及に精力的に活動中。
主に団体様に向けて、現在の環境状況や、木を使うことによる循環型社会のセミナー講師としても全国各地飛び回っている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP