大宝木材 和恵さんの作品

生徒の作品ではありませんが、とても素敵な作品をご紹介。

アートです。

IMG_9714

いえ、インダストリアルアートというべきでしょうか?

普段、捨てるようなベニヤ板に何層も何層も色を塗って。塗って。塗って。

 

じつはこれ、大宝木材のオーナーのお母さんが、お仕事としてされている

ペイントの仕事の捨板(すていた:塗料を塗るとき、下敷きとなる、いらない材)なんです。

 

長方形の商品を並べ、

今回は緑、今回は紫、今回は黒、発注のたびに、こんな板を敷いて塗るので、

小さな窓のようなステンシルから、前のペイントが顔をのぞかせるわけなんです。

 

意識的につくったのではなく、端材でも、ものを大事に使った結果のもの。

他にもこんな板が数百個。

IMG_9715

 

気になる方はぜひ、スタッフまでお問い合わせ下さい。

 

意識的につくったものではないので、偶然が重なって、重なって、重なったとき、

信じられないくらい綺麗な色のコンテポラリーダンスが見られます。

 

 

わたしは名画も好きですが、

こういう、

なんというか

「意識しない積み重ね」で産まれる物に、

 

なぜか「自然」を感じます。

 

キリンの首が長いのも、

象の鼻が長いのも、

全部つみかさね。

 

自分を表現するのって難しい。

でも、無理に表現しなくても

こういうハッとするところに「なんか、いいな」が

見え隠れするって素敵なことです。

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP