カトラリ

カトラリーの制作キット

手作り曲げわっぱ

KIT_011
KIT_011
KIT_011
KIT_011
KIT_011

杉の木を曲げて曲げて。。。桜の皮を編み編み。。。
日本の伝統工芸品で有名な曲げわっぱ。
お弁当を手作りするなら、お弁当箱も手作りにチャレンジ!

教室でも人気の曲げわっぱ。材料には奈良県の吉野杉を使用。
木には調湿効果があり、ご存知の通り曲げわっぱには、ご飯もふっくら、冷めてもお米を美味しく保つ機能があります。アルブルスタッフも愛用しています。

ぜーんぶ自分で作ったお弁当。美味しさもひとしお!

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥8,800(税込)

数量  

使用木材内容:吉野杉(柾目)

size

外寸/約W:210×D110×T65 (mm)

material

吉野杉(柾目)

付属品

木工用ボンド・サンドペーパー(#80/#150/#240)・蜜蝋ワックス・ウエス

※製品にはきちんとした作り方の説明書が付属します。

1.重なる部分を削る

ご自宅にかんなはないと思いますので、付属のサンドペーパーで問題ありません。

2.型を組み立てた後、型に合わせて木を曲げる。

曲げわっぱのメインイベント。木を曲げる作業です。濡らしたタオルで材料を包み、ご自宅のアイロンで熱を加えながら曲げます。

3.テープで止めて4日間ほど寝かせる。

型に巻いた状態で形状記憶させるため、4日ほど寝かせ、水分を飛ばします。

4.枠を接着剤で留め、桜皮を編む

曲げわっぱの型が決まる作業です。重なり合う部分を接着剤で留め、桜の皮を切り出し、編んでいきます。

5.底板・蓋のサイズをピタリと合うまで削る。

一番神経を使う作業です。大きすぎると入りませんし、小さすぎると底に穴(隙間)が開いてしまいます。

6.内外の材料を貼り合わせる。

ご自宅にかんなはないと思いますので、付属のサンドペーパーで問題ありません。

7.仕上げ〜塗装後出来上がり

単位:円(税込)

地域 北海道 北東北 南東北 関東 信越 北陸 中部 関西 中国 四国 九州 沖縄
北海道 青森
秋田
岩手
宮城
山形
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
神奈川
東京
山梨
新潟
長野
富山
石川
福井
静岡
愛知
三重
岐阜
大阪
京都
滋賀
奈良
和歌山
兵庫
岡山
広島
山口
鳥取
島根
香川
徳島
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
60サイズ 1200 760 650 540 540 430 430 430 430 430 540

材料に使われる吉野杉は柾目という材料を使っています。柾目とは木の木目が真っ直ぐになるように切る事。
なかなか取りづらい切り方のため、材料も高級となります。

曲げわっぱは木を曲げる際、真っ直ぐな木目でないと、木目から割れてしまいます。そのため柾目が使われます。

このキットでは曲げる部分から体験していただきたいと通直な柾目の板の状態でお届けいたします。