「関西のワイン」をご存知ですか?【winery villageさま】

突然、教室に飛び込みでお見えになったご夫妻。
お酒の販売をされているとのことで、お世話になっている酒造さま方に、
ノベルティを製作されたいとのことです。

ここで初めて知り驚いたのですが、関西には十数ほどのワイナリーがあるということ。
お酒は好きで嗜みますが、ワインに関しては無知でした。

今日はそんなワインについてのお話です。

地産地消とは耳に新しい言葉ではなくなりましたが、はずかしながら収穫から醸造まで関西で行なっているワイナリーがあるなんて思いもしませんでした 😯

Tさんご夫妻はその関西のワインをもっと知ってほしい!とワイナリーと協力しながら普及活動をされています。

うれしいご縁。と心のこもったノベルティ

今回製作のノベルティも、全容はお見せできませんが、とても使う方のことを考えられて作られたものです。そして、嬉しいことに奥様は木の関係のお仕事をされていて、去年の作品展からアルブルに興味を持ってくださっていたとのこと!木選びにも真剣です。

なにより嬉しいのが、アルブルに来る前にご自身でモックアップ(試作品)を何度も作られていたところ。
僕も作り手の一人ですので、こういう、とりあえず作ってみよう!という方がいるのが嬉しいんです!

完成したものもとても喜んでいただいたらしく、嬉しい限りです。

さてさて、ワインの話にもどりますと

画像が横ですみません。関西には十数のワイナリーがあるんです。(写真は大阪国税局パンフレット「関西の日本ワインあります!」より)
上の地図でみなさんがお住まいの近所にありますか?

「和牛」のように、「醸造」メーカーはあっても、収穫から行うメーカーがあるとは知りませんでした。

各ワイナリーをとても上手にご紹介するTさん、「ここの社長は面白くてね〜,,,,,,、それでここはね〜」と嬉しそうに教えてくださいます♪
そして、大変ありがたいことに次の日、このワインをくださいました!!!!

飛鳥ワイン株式会社 (大阪府羽曳野市飛鳥1104 ※ワイナリーも見学できるようです。)
ラベルもわかりやすいですね!2017年収穫の自社農園で収穫、醸造まで手をかけられたワイン。
「デラウェア」の表記から、軽快な飲み口で、葡萄ジュースのような飲みやすさが伺えます。
※同時に、私、辻は鼻が利かないのを知り、想像ですが香りよりも味を気遣ってくださったTさんの優しさが伺えます。

持って帰ってきて、味見しようと思ったのですが、もったいなくて、開けられません!
Tさんご夫妻の思いをより多くの人に知ってもらうために、授業終わりにみなさんと教室で開けます!

試飲のイベントができたら、うれしいなぁと計画してますので興味のある方はご賛同、お声がけくださいね。

Tさん、ありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

教室指導員、ほか、ワークショップ・イベントのプロデュース担当。
趣味:楽器演奏、美術鑑賞、デザイン、ものづくり全般

コメント

    • 高橋
    • 2019年 6月 11日

    辻 様
    ワイングラスノベルティグッズ作成ではお世話になりました。
    そして恐縮するくらいの作品紹介ありがとうございます。
    大阪ワインの試飲イベント、皆様でお楽しみ頂けれたら幸いです。

    高橋

    • 高橋様
    • 2019年 6月 12日

    こちらこそありがとうございます!ワイン、お酒好きな生徒様にも伺ってみますので、実現しましたらぜひご協力くださいね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP