【多機能コーヒー収納】(大阪市此花区在住 Nさん 女性)

こんな収納欲しかった。
暮らしを彩るコーヒー。
ドリッパーやサーバー、ミルは家庭によって違います。

お子さんのためのデスクを作り上げたNさんの次の作品はコーヒー収納。
散らばってしまうコーヒーのアイテムを窓枠にすっぽりまとめて収納したいとのオーダー。
打ち合わせのあと、端材で簡単な試作をして、そのままGO!
ほぼ一日でつくりあげてしまいました。

耳付き材のドリッパー、引いた豆をそのまま瓶に詰め込めます。

フィルターもそのままとりだせるように。
その他、計量スプーンや掃除用ブラシをかけておける収納。

できたとき、長年の夢が叶った!と、とても喜んでました。

さて、ここからは製作風景。
ご自宅から持ってきたアイテムの大きさに合わせて、図面なしでそのまま作っていきます。
コーヒー好きのFさんにもアドバイスをもらいます。
ちなみに講師の小川くんはコーヒーが飲めないのですが、一生懸命提案。

ドリッパーは特殊な形をしているので、ぴったり合う穴をあけるため、紙でかたどります。

さぁ、試作で大体の大きさがきまりました。

端に切り込みを入れて、計量スプーンとブラシがかけられるようにしてみます。

ドリッパーもきちっと入りました。

さて、いざ本番!リクエストの耳付き材(皮が付いた木)を加工します。材料はニレ?かな。

瓶がずれないように、トリマで溝を掘ります。

ほら、落ちない。

ドリッパーの穴あけ。

接合はボンドだけでなく、ビスケットジョイントという方法で、頑丈にします。
右端に空いている穴が、それぞれブラシをひっかけるものと、計量スプーンをかけるもの。

これがビスケットジョインターという機械。

がしゃこん。

接合のチップを入れる穴があきました。

一度確認。

写真は塗装前ですが、味のあるいい収納が出来ました!

設計図面でなくても、こんな感じのが欲しいんだよな〜を
もってきていただければそのまま形にします!
we are arbre!!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

!!NEW POST!!

  1. 2017.06.21

    教室大入り
PAGE TOP